代表紹介


嵯峨野サンボーイ 代表

板橋良和

今の子ども達は感情を表に出すのが下手です。

野球に関してもそう感じます。僕らが子どもの頃は「オレが,オレが」と自己主張しながらプレーしていたものです。

誰にも”負けたくない”気持ち,,,今の子どもはもっと表に出せばいいと考えています。

がむしゃらに向かっていく強さは,子ども時代に養うべき力です。


『厳しく,強く』では当たり前なので,嵯峨野サンボーイでは『楽しく,強く」』をモットーにやっています。

少年野球は野球人生のスタート地点です。目先の勝利だけにとらわれない野球の楽しさを教えています。

野球の楽しさを体感した子どもたちは,そのほとんどが卒団後も野球を続けています。